債務整理 自分

債務整理を自分でする事は可能?

非正規労働者やニートがふえている昨今、不安定な生活を余儀無くされて止む終えず借金をしてしまう方が後を絶ちません。返済バランスを考えず借りてしまうと、うまく借金返済が出来ず、更に生活困窮に陥るケースが増えています。そんな人々に人気な方法が「債務整理」ですが、債務整理とは何なのかまた、自分で債務整理の手続きをするのは出来るのかを述べていきます。

 

オレンジ矢印

債務整理とは?

 

債務整理とは、借金返済がうまく出来なくなった場合に、上手に返済ができるように、借金を整理する事を指し、自己破産や個人再生は債務整理の手続きの1つに当たります。

 

債務整理は、自分で手続きが可能?

 

債務整理は、自分で手続きをする事は可能ですが、余程法律関係に詳しくないと難しいです。
まず、債務整理をするには、書類を作成しなければなりませんが、この書類は自分で作るのには時間と労力を費やしてしまい、書類を提出するまでに断念してしまいますし、債務整理をするにしても、自分に合った債務整理の方法を行わなければならず、自ら合う方法を見い出す事は難しいです。

 

また、借金を返済する側の会社などには、顧問弁護士を雇っていますから、言葉巧みに言われて、結局債務整理がうまく出来ないことのが多いようです。

 

債務整理は、プロに頼むのが吉!

 

借金を返済する側に顧問弁護士がいるならば、自分にも仲介者を作る方が話がスムーズに行く事が多いのです。

 

例えば、自ら交通事故を起こした場合、お互いの保険会社を通して示談が成立しますが、自ら相手方と話し合うと、相手方の要求にばかり応えてしまい、自らの要求を申し出れない状態になります。

 

交通事故のように、債務整理も仲介者を作る事で、うまく話し合う事が出来ますし、自ら借金に時間を囚われずに生活が出来ます。今では、債務整理を専門に行う法律事務所や行政書士事務所も増えており、相談のみ無料の事務所もありますから、債務整理を行う場合は自己判断せず一度専門家に相談してみては、どうでしょうか。