借金 時効

借金には時効成立がある?

誰しもお金は借りたくないと思います。しかし、生活をする上では私達はお金を借りなければいけない場面が多々あります。例えば、公共機関を利用しずらい場所ではマイカーが必要な為、マイカーローンを組みますし、住宅に住むためには住宅ローンを組みますし、大学などに進学する際には教育ローンを組みます。

 

その一方で、買物の際にはクレジットカードを利用しますし、近年では携帯電話端末は分割払いが主流となっています。なので、私達の生活においては借金やローンは切っても切れない関係にあります。

 

考える

 

借金の消滅時効は借主や貸主によって違う?

 

借金は、弁済期間ないし、最後の返済から一定期間において消滅しますが、借金をする際にはクレジットカードはクレジットカード会社ですし、大きな買物であるマイカーや住宅は信用金庫や銀行などからお金を借りる事が多いですが、借主や貸主により借金の消滅時効が異なります。

 

矢印

信用金庫の場合

個人の場合は10年ですが、事業主などの場合は5年です。

 

矢印

銀行の場合

銀行の場合は、個人でも事業主などでも5年です。

 

矢印

貸金業者やサラ金などの場合

貸金業者が個人で経営している場合は、個人の場合は10年ですが、事業主の場合は5年ですが、貸金業者が個人で事業主などの場合は5年となります。

 

矢印

住宅金融公庫の場合

住宅を購入する場合に使いますが10年となります。

 

借金消滅したにも関わらず請求がきた場合は?

借金の消滅期間は、借用書などに記載してありますが見逃しがちです。また、急な転居などにより借金消滅したにも関わらず、再び請求がきてしまうこともあります。まずは、借金やローンの際には借用書の確認をする事と、ゆとりを持って弁済プランを立てる事です。

 

また、借金の消滅期間後の請求は素人の私達より、借金問題のプロである弁護士や行政書士に相談するのが良いと思います。
弁護士や行政書士の事務所に行きにくい場合は、行政の無料相談や無料の法律事務所もありますから、困ったら自分1人で解決するのではなく、プロに相談すべきと思います。