債務整理した方がいい人

債務整理する人ってどんな人があてはまる?

「債務整理」というと、ギャンブルをして、借金を抱えてしまった人のイメージがあります。
実際の債務整理をする人について、調べてみました。

■借金とは?
私達の借金のイメージは、闇金や消費者金融会社があります。
しかし、借金の定義は、闇金や消費者金融だけでなく、クレジットのショッピングやキャッシングサービス、マイカーローン、住宅ローン、学資ローンなど、多岐に渡ります。
つまり、借金とは文字のごとく借りたお金全般を指すのです。

 

■債務整理とは?
債務整理というと、大変なイメージがありますが、以下の種類があります。
・任意整理
カードローンなどが複社ある場合などに使う方法で、借金の一部だけ見直したい方にオススメの方法です。
こちらは、話し合いで解決するので、簡単かつリーズナブルに処理ができます。

 

・個人再生
マイカーローンや住宅ローンを抱えて、手放すのが難しい時に使う方法です。
裁判所を通じて、ブラックリストや官報には載りますが、ある程度の資産は残せるので、任意整理の次の方法として利用されます。

 

・自己破産
止む終えず、資産より借金のが大きい場合に使われる方法で、こちらもブラックリストや官報に載りますが、生活再生にはオススメの方法です。

 

債務整理をする人は?

実は、債務整理をする人の背景は様々です。
債務整理をする多くの人は下記が当てはまります。

 

カードローン等で借入した借金の返済ができなくなった人
住宅ローン・車のローンの支払いができなくなった人
会社が倒産・退職者
ローンの保証人になった人
奨学金の返済ができなくなった人

 

男3

その他例えば、震災などが起こった場合は、債務整理をする人が増えます。

何故なら、止む終えずクレジットカードの支払いなどが困難になったり、自宅や車を手放して生活再生を図る必要があるからです。

 

また、不況の昨今においては、突然の失業により借金が返せなくなったり、生活のためにカードローンなどを借りて首が回らなくなる事も起こります。

 

一方で、疾病などにより支払いが苦しくなる事もあります。
このように、債務整理をする人は、特定の限られた人だけでなく、借金をしている人全てが債務整理をする可能性がある訳です。