借金 任意整理

消費者金融と銀行ダブルの借金で任意整理した体験談

30代前半の頃、転職で生活費が足りなくなり、銀行と消費者金融を利用してお金を借りたことがあります。一時的な借金だったので、すぐ返済するつもりでした。ところが、転職した先が人員整理で、辞めざるを得なくなり、また就活をやり直すことになりました。

 

失業給付は下りたものの、一人暮らしだったので、それだけではとても生活して行けません。その間の生活費と就活費が必要になって来て、結局返済どころか、借金が膨らむことになってしまいました。

 

 

とにかくまず収入をと思い、アルバイトの仕事を見つけて、何とか返済して行きました。しかしアルバイトの仕事を続けていると、今度は就活が困難になって来ます。段々給料だけで生活と返済の両方を続けるのが難しくなり、仕方なく消費者センターに相談に行きました。そこでは債務整理を勧めてくれました。しかしその当時、債務整理というものに対して、かなりネガティブな気持ちがあった私は、なかなかその気になれませんでした。

 

 

お金を借りた銀行と消費者金融で、返済について相談してみましたが、しかしそれでもかなり生活費を切り詰めないと、どうしようもない状態です。仕方なく、債務整理を決意し、法テラスの無料相談に行くことにしました。そこで司法書士の先生を紹介してもらい、その後事務所で改めて相談をして、任意整理の手続きをしてもらうことになりました。

 

借金は100万円程度なので、司法書士事務所でやってもらえましたが、140万円を過ぎると、弁護士しか担当できないことをその時初めて知りました。

 

そして3年かけて、返済して行くことになりました。それまでよりも金額は少なくなっていましたが、債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなってしまい、すべて口座引き落としか現金決済になります。

 

そのため最初の頃は不便に思いましたし、もう任意整理をやめて自己破産にしようかと考えたこともあります。しかしそれはそれでまたデメリットがあると考え直し、手持ちのお金でやりくりする工夫を身につけて、デビットカードを持つことにしました。

 

 

あれこれ工夫した結果、3年のところを2年半で返済することができ、しかも正社員の口も見つかりました。アルバイトをしていた会社での紹介で、実は任意整理をしていることは誰にも黙っていたので、そのことがわからないかびくびくしていたのですが、特に問題はありませんでした。その後、任意整理によるブラックも消え、クレジットカードを作れるようになりましたが、やりくりする生活にも慣れたので、しばらくはこのままで行こうと考えています。